歯医者なら岡崎市の杉本歯科へ

診療時間
9:00 12:00
13:30 18:00

杉本歯科ブログ

杉本歯科の小児歯科

2016年12月8日

一緒にお子様のお口の健康を守りましょう

当院では、お子様が小さいうちから歯医者さんに少しでも慣れていただくため、お子様が怖がるような診療や無理な治療はせず、まずは歯医者やスタッフに慣れて貰えるように心掛けています。
保護者の方と一緒になり、お子さまの歯とお口の健康を守っていきます。
定期健診やフッ素塗布、妊産婦健診やパートナー健診でもぜひお越しください。

お子さんをむし歯から守る方法

ブラッシング指導

虫歯予防の基本中の基本です。小さい頃から正しいブラッシングを覚えることで、永久歯になってからお口のトラブルで悩むことが少なくなります。早い段階で歯科医院に通い、磨き残しの少ない正しい歯磨き方法と、食後に歯を磨く習慣を身につけさせましょう。

フッ素塗布(2.5歳~3歳頃)

歯の表面にフッ素を塗ることによって、歯を強くすることができます。特に乳歯は永久歯と違い歯が溶けやすくむし歯の進行も早いので、年に3~4回程度行うことをおすすめします。

シーラント(5歳~6歳頃。一番奥に6歳臼歯が生える時期)

シーラントとはむし歯になる前に、奥歯にある溝をフッ素を放出するお薬で埋めてしまう方法です。溝が深くて複雑な6歳臼歯はむし歯になりやすいので特に有効です。口腔状態により定期的に行う必要があります。